▲写真=NEWSIS

 短い髪がトレードマークの女子プロゴルファー、朴城ヒョン(パク・ソンヒョン)=24、ハナ金融グループ=が髪を伸ばす。

 ファンと対面した朴城ヒョンが、ロングヘアに変身すると約束した。ただし、いつからなのかは特定しなかった。

 朴城ヒョンは8日、ソウル・明洞のハナ金融グループでトークショーを開催した。メーンスポンサーのハナ金融グループが主催したこの日のイベントには、ファンクラブのメンバー200人が出席し、トークに耳を傾けた。

 雰囲気は重たくないとあって、面白い発言が次々と飛び出した。「こんな朝早くにやるイベントは初めて」と話を切り出した朴城ヒョンは、ファンの鋭い質問に誠心誠意答えていった。

 「髪を長くしてみたことはあるか」という質問に、朴城ヒョンは「その質問が出るだろうと思った」と言い、待ってましたとばかりに昔を振り返った。「小学生のころは髪が腰まで届いていた。ある日、母が私を美容院へ連れていき、今よりもっと短く切った。そのときは、泣き叫んで大騒ぎになった。その後は、伸ばすのがつらかった。そんな痛い縁がある」。

 ショートカットを守り続けている朴城ヒョンは「いつか伸ばす」と約束した。

 細い体から打ち出す長打の秘訣としては、がっちりした下半身を挙げた。「家族は代々、下半身が発達していた。いい体を受け継いだみたい」と語り、さらに「次の日、距離がかなり出ている選手とペアになるとなったら、前日の夜に腕立て伏せをやる。はっきりと役に立つ」と秘密の一手も公開した。

 異性と付き合った経験があるかという質問には「あるにはあるが、いつごろだたか思い出せない」と答え、それとなく逃げた。「どっしりしたスタイルが好き」という朴城ヒョンは、俳優チョ・ジヌンを理想のタイプに挙げた。

 未来の夫に臨むゴルフのスコアに関しては、勝負欲を露わにした。「上中下に分けるなら、中くらいがよさそう。私よりうまく打ったら私が気分悪くなりそうだし、実力の差がありすぎると一緒にゴルフが打てない。80台半ばくらいがいい」と言って笑った。

ホーム TOP