日本政府が「領土・主権展示館」という名称で、東京都内の中心部に独島(日本名:竹島)が日本領土だと主張する常設展示館を25日に開館する。時事通信などが23日、報道した。日本政府が領土問題に関する「直営常設展」を開くのはこれが初めてだ。

 この展示館は、東京都千代田区日比谷公園の市政会館内に解説される。超高層ビルが立ち並ぶ丸の内はもちろん、天皇が暮らす皇居とも近く、観光客がたくさん行き来する場所だ。日本国内の小中高校生が頻繁に見学に訪れる国会議事堂にも近い。

 展示内容は、韓国固有の領土である独島と、日本が中国との間で領土争いをしている尖閣諸島(中国名:釣魚島)を自国の領土だと主張する資料が中心になる見通しだ。この展示館開館は、これまで政権与党・自民党の保守派議員が「次世代の日本の若者たちに明確な領土館を教育する展示空間が不足している」として、領土教育の強化を主張してきたことによる措置だ。日本政府は首都圏の教育委員会に対し、今回新たに解説される「領土・主権展示館」を児童・生徒の見学コースに追加するよう推奨する方針だ。日本の主張を宣伝するさまざまな企画展を行い、展示品も随時補強することにしている。

 日本政府は「主権教育強化」という名分を掲げているが、実際には「自国の若者たちに周辺国への一方的な憎悪感情を植え付ける空間に変質する危険性がある」との懸念も出ている。

 

ホーム TOP