鄭現(チョン・ヒョン、21)=写真=が29日に発表された男子プロテニス(ATP)ツアーシングルス・ランキングで29位に浮上した。鄭現は28日に閉幕した全豪オープンでベスト4に進出し、ランキングポイント720点を追加した。29位は、大会直前のランキング58位よりも30段階近いアップで、韓国男子テニス選手としては過去最高順位だ。これまでの記録は李亨沢(イ・ヒョンテク)=引退=の36位だった。アジアの選手の中では、日本の錦織圭が2015年に4位まで上がったことがある。けがのため今回の全豪オープンに出場しなかった錦織のランキングは24位から27位にダウンした。

 

ホーム TOP