【ソウル聯合ニュース】韓国海軍は2日、タイで実施中の多国間軍事演習「コブラゴールド」に同軍と海兵隊が13日から23日まで参加すると明らかにした。

 コブラゴールドは米太平洋軍司令部とタイ軍司令部の共催で毎年実施される多国間軍事演習で、武力紛争が発生した地域に多国籍軍を投入して紛争を終息、安定化する過程の習熟を目的とする。
 韓国海軍と海兵隊は、今回の訓練に揚陸艦「天子峰」(4900トン)と約430人の兵力を派遣する。
 参加国は韓国のほか米国、タイ、日本、マレーシア、シンガポール、インドネシア、中国、インドの9カ国で、戦力規模は艦艇6隻、上陸装甲車34台、航空機86機、兵力約1700人。英国、オーストラリア、フランスなど10カ国がオブザーバー参加する。
 韓国軍は10日にタイに到着し、13日から多国籍軍連合参謀団の指揮所演習(CPX)、人道的活動、野外実動訓練(FTX)の3分野の訓練に参加する。ボランティア活動なども行った後、来月初めに帰国する。

ホーム TOP