元駐韓米国大使のソン・キム氏(58)=写真=が韓国系米国人としては初めて経歴大使(career ambassador)に昇進したことが1日(現地時間)、伝えられた。

 米国の外交官高位職は参事官(counselor)、公使参事官(minister counselor)、経歴公使(career minister)、経歴大使(career ambassador)などだが、経歴大使は米大統領が任命する外交官の最高位だ。1955年から現在まで経歴大使になった外交官は約50人しかしない。

 ソウル生まれのソン・キム氏は中学1年生だった1973年に家族と共に米国に移民し、ペンシルバニア大学卒業後、ロヨラ・ロースクールとロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で法学修士号を取った。

 その後、米ロサンゼルス市検事を経て1988年に外交官になり、2006年からは米国務省韓国課長、11年11月からは駐韓米国大使をそれぞれ3年務めた。16年11月からはフィリピン大使を務めている。

ホーム TOP