【ソウル聯合ニュース】韓国情報機関・国家情報院(国情院)は5日、北朝鮮が仮想通貨を奪うために韓国の取引所などへのハッキングを繰り返しており、すでに数百億ウォン(数十億円)相当が奪われたと明らかにした。国会情報委員会での報告を、与党「共に民主党」の金炳基(キム・ビョンギ)議員が伝えた。

 国情院は同委員会で「昨年(北朝鮮が)国内の仮想通貨の取引所と投資家を対象にハッキングのためのメールを送り、パスワードを盗んだ」とし、「取引所は数百億ウォン相当の仮想通貨を奪われた」と報告した。
 国情院によると北朝鮮は仮想通貨を扱う企業が求人を出していることを利用し、応募書類に偽メールを送るなどの手法を用いたという。
 ハッキングされたのは韓国の会社だが、どの会社かはは公開されず、被害が個人に伝えられたかどうかについては報告されなかった。
 北朝鮮による仮想通貨を狙ったハッキングが続いていることに関し、国情院は「サイバー情報通信網のセキュリティーに万全を期し、国際的なハッキング犯罪の組織活動については海外の情報機関と共同対応する」と報告した。

ホーム TOP