【ソウル聯合ニュース】サッカーのイングランド・プレミアリーグのトットナムで活躍する孫興民(ソン・フンミン)がイングランド・プロサッカー選手協会(PFA)の「1月の選手」に選ばれたことが、6日(日本時間)分かった。

 PFAがホームページで公開した「1月の選手」候補のうち、孫は最も高い23%の支持を得てFWのアグエロ(マンチェスター・シティー)、アザール(チェルシー)、アルナウトビッチ(ウェストハム)、MFのサネ(マンチェスター・シティー)、GKのシュマイケル(レスター)らのライバルを下した。

 孫は、先月のプレミアリーグ・ウェストハム戦での同点ゴールとエバートン戦での1得点1アシストなど、4試合で2得点1アシストの活躍を見せた。

 PFAは、毎月ファン投票でプレミアリーグから4部リーグまでのうち最も活躍した選手を選んでいる。

ホーム TOP