トヨタ自動車は5日、全世界での昨年のエコカー販売台数が前年比8%増の152万台だったと発表した。トヨタの当初目標としたエコカー年150万台販売を3年前倒しで達成したことになる。これに対し、韓国の現代・起亜自動車のエコカー販売は伸びこそしたものの、トヨタの6分の1にとどまった。

 トヨタは1997年にハイブリッド車のプリウスを発売して以降、2012年にプリウスのプラグインハイブリッドを投入し、14年には量産タイプの燃料電池自動車「MIRAI」を発売した。トヨタは過去20年間にエコカー1147万台を売り上げた。トヨタは20年から中国をはじめとして、日本、インド、米国、欧州に段階的に量産型の電気自動車を投入し、20年代前半までに世界市場で電気自動車10車種以上を発売する予定だ。寺師茂樹副社長は「わずか20年余りでエコカーの年間販売台数が500台未満から150万台以上に成長した」と述べた。トヨタは30年までに550万台以上のエコカーを販売する計画だ。

 現代・起亜自動車の昨年のエコカー販売台数は24万9900台だった。前年の2倍に増え、世界のエコカー市場で2位に浮上したが、首位トヨタとは比較にならない。現代自グループは09年7月にハイブリッド車を投入し、エコカー市場に進出した。トヨタよりも参入が10年以上遅かった上、韓国国内での充電・水素充填インフラの不足により、トヨタに追い付くには時間がかかりそうだ。

 現代自グループは、電気自動車を現在の2車種から14車種に増やすほか、25年までにエコカーを38車種に増やし、エコカー業界2位の座を固めることを目標に掲げている。

 

ホーム TOP