投手の呉昇桓(オ・スンファン、35)=セントルイス・カージナルス・写真=が米大リーグのテキサス・レンジャーズで同い年の親友・秋信守(チュ・シンス、35)とプレーすることになった。

 大リーグ公式ホームページ「MLB.com」は7日、レンジャーズが呉昇桓と契約し、メディカル・チェックが終わり次第、正式発表する予定だと報じた。外信各社によると、呉昇桓は「1+1年 最大925万ドル(約10億円)」で合意したとのことだ。1年目の年俸は275万ドル(約3億円)を保障されており、翌年の契約は球団オプションとなり、条件が満たされれば450万ドル(約5億円)を受け取ることになる。2シーズンで合わせてボーナス100万ドル(約1億円)がかかっている。

 2005年にサムスン・ライオンズに入団した呉昇桓は韓米日3カ国で13シーズンプレーし、通算396セーブを記録している。14年には阪神タイガースで活躍、16年に大リーグのカージナルスと「1+1年 最大1100万ドル(約12億円)」で契約した。16年は6勝3敗19セーブ、防御率1.92と大活躍したが、昨年は1勝6敗20セーブ、防御率4.10にとどまった。

 呉昇桓はアメリカン・リーグ西部地区に属するレンジャーズと契約した3人目の韓国人選手となった。韓国人投手と打者が大リーグの同じチームになったのは初めてだ。

ホーム TOP