【済州聯合ニュース】韓国空港公社済州地域本部は8日午前7時半から同10時まで、大雪のため南部・済州国際空港の滑走路を閉鎖したと発表した。

 これにより、同日朝に出発予定だった旅客機など、午前10時までに出発予定の約30便が運航できなかった。到着予定便のうち16便は引き返し、それ以外は出発地で待機中だ。
 滑走路の運用は午前10時に再開されたが、現在も運航の遅延が続いている。

ホーム TOP