外国人を対象とした観光商品として認識されていたシティツアーバスが、韓国人から人気を集めている。

 1月21日午後2時、ソウル市内のコリアナホテル前に停車していたソウルシティツアーバスに乗り込んだ乗客17人のうち、14人が韓国人だった。そのほとんどが週末を利用し、地方からソウルにやって来た家族連れだった。慶尚南道晋州市からやって来たというキム・スヨンさん(43)は「お金がかかってへとへとになる海外旅行より、短時間で思い切り楽しめる国内旅行の方がいいと思い、週末ごとに全国各地をシティツアーバスでめぐっている。ただ座っていれば有名な観光地に連れていってくれるので、旅行計画を立てる必要がなく、無駄なくまわれるため、効率よく楽しめる」と語った。

 全国81の市・郡で運行されているシティツアーバスは、1万-1万8000ウォン(約1000-1800円)払うだけで、最長で二日間、主な観光地をめぐることができる。国内旅行を楽しむ人たちの間で、実益のある旅行方法として注目を集めており、最近韓国人利用者の比率が高くなっている。ソウルシティツアーバスのドライバー、キム・グァンオクさん(60)は「韓国人利用者が80%以上。3、4年前には外国人の比率が50%ほどだったが、韓国人利用者が大幅に増えている」と語った。釜山観光公社の関係者は「釜山シティツアーバスの利用者のうち、韓国人の比率は90%に達する」と話している。韓国観光公社によると、全国のシティツアーバス利用者の数は2013年の79万7086人から2016年には116万3619人へと、およそ46%増加したという。

 韓国人利用者の比率が増えているのを受け、シティツアーバスの性格が変わるという副作用も生じている。漢陽大学観光学科のイ・フン教授は「韓国人利用者が増えたことで、通訳ガイドをなくしたり、運行路線を韓国人の好みに合わせて細かく分けるケースがある。英国や日本のようにシティツアーバスが観光の名物になるためには、外国人観光客の便宜を図るという目的が薄れてしまってはならない」と語った。

ホーム TOP