【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は9日、朝鮮人民軍創建日(建軍節、8日)を迎えて行われた閲兵式(軍事パレード)を伝える記事で、「朝鮮人民軍総政治局長の金正角(キム・ジョンガク)同志」と言及し、北朝鮮軍トップの軍総政治局長に金氏が就いたことを報じた。

 今年77歳になる金氏が軍総政治局長として報じられたのは前任の黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏が北朝鮮メディアに登場しなくなってから初めて。
 黄氏は金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の側近とされたが、韓国情報機関の国家情報院(国情院)は今月5日、党組織指導部の主導で軍総政治局の検閲が実施された結果、黄氏が解任され、後任に金氏が任命されたと国会に報告していた。黄氏は現在、思想教育を受けているとされる。

ホーム TOP