【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は9日の定例会見で、平昌冬季五輪に合わせて韓国で公演する北朝鮮芸術団を乗せて東部・江原道東海市に入港した北朝鮮の貨客船「万景峰92号」への燃料支援と関連し、「支援計画などは検討中だ。(米国など)国際社会との協議は完了した」と述べた。

 同部は7日、北朝鮮から燃料支援の要請があったことを明かしていた。国連安全保障理事会は制裁の一環として、石油精製品の北朝鮮への供給上限を年間50万バレルに制限している。6日に韓国入りした芸術団は万景峰92号で寝泊まりし、8日に五輪会場がある江原道・江陵で公演した。ソウルに移動して11日に公演し、北朝鮮に戻る。
 白氏はまた、9日午後に空路で韓国入りする予定の北朝鮮高官級代表団が利用する専用機に対する貨物検査を行うかどうかについて、専用機の入港を巡っても米国などと緊密に協議し、制裁違反との指摘が出ないようにすると説明した。安保理制裁は北朝鮮の航空機が自国領に離着陸する際の貨物検査を加盟国に義務付けている。

ホーム TOP