韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領と日本の安倍晋三首相は9日、平昌の竜平リゾートで首脳会談を行った。だが、慰安婦合意や北朝鮮制裁問題をめぐり認識の差がみられた。文大統領と安倍首相の会談は今回で三回目だが、これまで韓日関係や安全保障事案でこのように正面衝突することはなかった、という見方がある。

 公開発言時までは、雰囲気は悪くなかった。文大統領は「歴史を直視しつつも首相と共に知恵と力を合わせて両国間の未来志向的協力を推進しようと思う。このためにシャトル外交を復活させ、首脳レベルの緊密なコミュニケーションを強化しよう」「両国が心の通う真の友人になれることを真剣に望む」と語った。安倍首相は「同じアジアのリーダーとして、平昌で開催されるオリンピックを成功させるため協力したい」と語った。

 しかし非公開会談では、歴史と安全保障問題で認識の差がはっきりと表れた。慰安婦合意について、安倍首相は「国家対国家の合意で、政権が変わっても守るべきというのが国際原則。日本はその合意を最終的かつ不可逆的なものとして受け入れているだけに、韓国政府も約束を実現することを希望する」と語った。これに対し文大統領は「慰安婦合意では解決できないという決定は、元慰安婦や韓国国民が合意内容を受け入れなかったことに基づく。慰安婦問題は被害者の名誉と尊厳を回復し、傷が癒えたときに解決され得るものであって、政府間のやりとりという形での交渉で解決できるものではない」と発言した。両首脳は、慰安婦合意に際して日本政府が支払った10億円の処理問題についても意見を交わしたという。

 北朝鮮問題について、安倍首相は「北朝鮮は平昌オリンピックの期間に南北対話をしつつも、核とミサイルの開発に力を注いでいる。北朝鮮の『ほほ笑み外交』に注意を払うべき」と発言した。しかし文大統領は「南北対話が非核化を曇らせたり国際協調を乱したりするというのは杞憂に過ぎない。南北関係改善と対話は、最終的に非核化へつながらなければならない。日本も積極的に対話に乗り出してくれることを望む」と発言した。南北対話を優先する韓国と、北朝鮮圧迫を強調する日本の立場の差が表れたのだ。

 一方、シャトル外交復活では同じ考えを示した。韓国大統領府(青瓦台)のキム・ウィギョム報道官は「両首脳が昨年合意していたシャトル外交の復活を本格化することとし、韓中日3カ国首脳会議を早い内に日本で開催しようということで意見が一致した」と語った。

ホーム TOP