日本の菅義偉官房長官は5日の定例記者会見で、韓国政府が北朝鮮に派遣した特使団について「過去の対話が非核化につながっていない点を十分に踏まえて対応すべきだ」と述べた。

 菅官房長官は、特使団訪朝の成果を予想するのは控えたいとした上で「北朝鮮が完全かつ検証可能で不可逆的な方法で核・ミサイル計画を放棄すると約束し、具体的な行動を示すことが重要だ」と強調した。

 菅官房長官はまた、特使団の派遣について韓米日で情報が共有されていると強調し「北朝鮮への対応について日米、日米韓のさまざまなレベルで緊密に連携している」と述べた。

ホーム TOP