【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の関係者は6日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使団に対し、米朝対話について「積極的に臨む用意がある」と表明したと明らかにした。
 同関係者は金委員長が「(米朝対話で)非核化も議題として議論できる」と述べたと説明。さらに金委員長が「非核化の目標は先代の遺訓であり、先代の遺訓に変わりはない」と明言したことが注目に値すると強調した。
 対話の条件については「北から特別に韓国や他の国に要求したことはない。対話の相手として真摯(しんし)な待遇を受けたいとの意向を示した」と伝えた。

ホーム TOP