【ソウル聯合ニュース】世論調査会社の韓国ギャラップが9日発表した調査結果によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は前週より7ポイント急上昇し71%となった。ここしばらくは60%台を推移していたが、約2カ月ぶりに70%台を回復した。不支持率は4ポイント下落の22%。調査は6~8日に全国の成人1005人を対象に実施された。

 韓国ギャラップは、文大統領の特使が5~6日に北朝鮮を訪れ南北首脳会談の開催などに合意する成果を収めたことが、支持率を押し上げたと分析している。
 一方、政党の支持率は与党「共に民主党」が前週から5ポイント上昇の49%。最大野党の保守系「自由韓国党」が12%、野党第2党と第3党が合併して先月発足した「正しい未来党」が6%、革新系の少数野党「正義党」が5%などだった。

ホーム TOP