ジャカルタ・アジア大会の男子サッカーで、韓国を破ったマレーシアの一部ファンが、韓国の看板スター孫興民(ソン・フンミン)のSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に嘲笑交じりのコメントを大量に書き込んでいる。

 19日現在、孫興民のインスタグラム(写真共有SNS)の最近の投稿には、マレーシアのサッカーファンからの中傷コメントと、これに怒った韓国のファンからのコメントが殺到している。

 韓国とマレーシアは17日のグループリーグで激突。韓国は格下のマレーシアに前半だけで2ゴールを許し、1-2で敗れた。後半12分に孫興民を投入したが、戦況は変えられなかった。

 試合直後から、孫興民のインスタグラムのコメント欄にはマレーシアのサッカーファンからの非難の書き込みが殺到している。これに韓国のサッカーファンが反応し、コメント欄は「乱闘場」へと早変わりしてしまった。

 ほとんどは深い意味のない罵詈(ばり)雑言だが、中には双方のファンに落ち着くよう呼び掛ける投稿もある。あるマレーシアのファンは「一部のマレーシアファンの行動について謝りたい。皆がそのような考えではないので、孫興民と韓国のファンはマレーシアに悪い感情を抱かないでほしい。共に前向きな雰囲気をつくろう」と書き込んだ。

 敗戦のショックから立ち直る前に、ネットでもプライドを傷つけられた孫興民は20日、グループリーグ最終戦のキルギス戦で名誉挽回を目指す。韓国はキルギスに勝てばグループ2位でベスト16に進出する。

ホーム TOP