ソウル大学の玄沢煥(ヒョン・テクファン)教授や米ハーバード大学のキム・フィリップ教授など韓国人科学者6人が既にノーベル賞受賞者レベルの研究成果を出しているとの分析結果が出された。

 これは、韓国研究財団が21日、「論文被引用側面においてノーベル科学賞受賞者級の研究成果を出した韓国人科学者の現況分析」という報告書で明らかにしたものだ。同研究財団は過去10年間にわたりノーベル科学賞受賞者たちの平均論文被引用数(ほかの論文に引用された回数)を上回った韓国人科学者は計6人で、3年以内にこれに到達すると予測される研究者も7人いると説明している。

 物理学ではキム・フィリップ教授と米ラトガース大学のチョン・サンウク教授、成均館大学の李永熙(イ・ヨンヒ)教授が論文被引用数で過去10年間にノーベル物理学賞受賞者26人の平均値を超えたことが分かった。キム・フィリップ教授は蜂の巣状の炭素新素材であるグラフェンの研究で、チョン・サンウク教授は磁場と電場が消えても磁性と電極が維持される新物質の研究で、李永熙教授は多発形態の電気電子新素材であるカーボンナノチューブの研究で、それぞれ世界的権威と言われている。

 化学で、過去10年間の受賞者26人の論文数と被引用数の平均値を上回った研究者は、玄沢煥教授と蔚山科学技術院(UNIST)のキム・グァンス教授が選ばれた。玄沢煥教授は均一なナノ粒子合成法、キム・グァンス教授はリチウム二次電池の電極新素材開発が代表的な研究成果に挙げられる。生理医学では細胞の特定分解酵素を最初に発見した延世大学のイ・ソグ教授がノーベル賞受賞者25人に匹敵する成果を出したと分析された。

 同研究財団はまた、化学でKAISTのユ・リョン教授、漢陽大学のソン・ヤングク教授、梨花女子大学のユン・ジュヨン教授、UNISTのチョ・ジェピル教授、成均館大学のパク・ナムギュ教授、UNISTのソク・サンイル教授が3年以内にノーベル賞受賞者のレベルに達すると予測した。生理医学分野のソウル大学キム・ビンネリ教授も3年以内にノーベル賞受賞者のレベル達する科学者に選ばれた。

 もちろん、今回の分析結果だけでノーベル賞受賞の可能性を占うことはできない。同研究財団は「ノーベル科学賞は論文の水準のほかにも研究ネットワークや認知度、研究テーマの独創性、技術的・社会的波及効果など、さまざまな要因が受賞者の決定に影響を与える」としている。同じ研究テーマが既にノーベル賞を受賞していれば、再受賞の可能性は低くなる。

 これに先立ち、グローバル学術情報の分析企業のクラリベイト・アナリティクス(旧:トムソン・ロイター)は韓国人科学者ではないが、韓国で研究しているUNISTのロドニー・ルオフ教授を今年のノーベル賞を受ける可能性が高い科学者17人のうちの1人に選んだ。ルオフ教授は物理学賞を受賞候補とされる。

李永完(イ・ヨンワン)科学専門記者

ホーム TOP