F35Aが2機が昨日清州基地に
北朝鮮を意識し正式な戦力化の日程は決まらず

 有事の際、北朝鮮の核ミサイル基地や司令部を極秘に攻撃可能な「F35A」ステルス戦闘機2機が21日午後、忠清北道の清州基地に到着した。韓国軍当局は北朝鮮の反発などに配慮し、この日もF35Aが到着した事実を公表しなかった。

 ある韓国政府筋は「空軍のF35Aステルス戦闘機2機が21日午後1時50分ごろ、清州基地に到着した」と明らかにした。これに先立ちF35Aは今年3月29日と7月15日にも2機ずつ韓国空軍に引き渡されている。この日到着した2機を加えると韓国空軍が保有するF35Aは合計6機となった。当初F35Aは22日に4機が一度に米国からやってくる予定だったが、この日は2機が予想よりも早く到着したわけだ。上記の韓国政府筋は「残り2機は早ければ22日、遅くとも数日中に到着するだろう」とコメントした。

 韓国軍は今後11月に2機、12月に3機を追加で導入し、今年中に10機以上を戦力化する予定だ。しかし北朝鮮の反発を考慮し、導入の記念行事や公式の戦力化日程などはまだ決まっていない。北朝鮮はこれまで韓国軍のF35A導入について「9・19軍事合意違反」として激しく非難してきた。韓国軍内部ではこの日「F35Aの追加導入を契機に、北朝鮮が再び短距離ミサイルによる挑発に乗り出すのでは」との見方も出た。しかしある韓国軍関係者は「北朝鮮の反発を恐れてF35A到着の事実を隠せば、後から北朝鮮の挑発を一層あおる恐れがある」と懸念した。北朝鮮が先日、最大高度30キロメートル、飛行距離230キロメートルの新型戦術地対地ミサイルを発射したのも、F35Aが配備された清州空港を狙ったものとする有力な見方もある。優れたステルス性能によりひそかに敵陣への進入が可能なF35Aは、最大速度マッハ1.8、戦闘行動半径は1093キロメートルだ。空対空ミサイルや統合直接攻撃弾(JDAM)、小直径爆弾(SDB)などを搭載している。

ホーム TOP