【コラム】日本が「少女像」に神経質になる本当の理由とは

2016/01/09 08:39

拡大する

 手を伸ばして触ると、少女の足は冷たかった。「冷たいでしょ? この冬に靴もなくてどんなに寒いことか」。4日午後、ソウル市鍾路区にある駐韓日本大使館の向かい側。従軍慰安婦を象徴する「平和の少女像」=写真=の隣で「1人デモ」をしていた国会議員が声をかけた。彼女が掲げたプラカードには「従軍慰安婦合意は根本的に無効、少女像を守ります」と書かれていた。  日中の気温が氷点下でないとは言え、真冬に青銅で作ら

続き読む

アクセスランキングもっと見る