裸婦画に朴大統領の顔を合成、国会に展示された風刺画が物議

2017/01/24 10:43

 韓国の国会議員会館のロビーで20日から開かれている弾劾政局に対する風刺画の展示会で、有名な裸婦画に朴槿恵(パク・クネ)大統領の顔を合成した作品が展示され、物議を醸している。この展示会は最大野党「共に民主党」の表蒼園(ピョ・チャンウォン)国会議員が主催したもので、与党セヌリ党などからは「風刺に見せかけた人格の冒涜(ぼうとく)」「低俗なセクハラ」といった非難の声が出ている。展示作品を描いたのは、朴政

続き読む

アクセスランキングもっと見る