右翼発言で物議の日本人医師、『昭和天皇独白録』原本を落札

2017/12/08 10:29

 「アウシュビッツや南京の虐殺は捏造(ねつぞう)」と主張して物議を醸している日本の有名整形外科医が6日、ニューヨークのボナムス・オークションで、昭和天皇の太平洋戦争回顧談を記録した『昭和天皇独白録』の原本とされる文書を27万5000ドル(約3110万円)で落札したとNHKなどが報じた。競売自体はわずか2分で終わったが、競争は激しく、最終落札価格は事前評価額の倍近くにまで上昇した。  文書を落札し

続き読む

アクセスランキングもっと見る