韓米の法人税率逆転で韓国のGDP毎年3兆円減少

2017/12/28 08:54

 韓国経済研究院は27日、来年から韓国と米国の法人税最高税率が逆転し、韓国では今後10年間(2018-27年)に国内総生産(GDP)が年平均1.7%、金額にして29兆4000億ウォン(約3兆900億円)減少するとの分析を明らかにした。来年以降、韓国の法人税最高税率は22%から25%に引き上げられ、米国では35%から21%に引き下げられる。  同院は「韓米間での法人税率逆転に伴う経済的影響」と題す

続き読む

アクセスランキングもっと見る