プエブロ事件の生存者が北朝鮮を相手取り賠償請求訴訟

2018/02/07 11:01

 今から50年前に北朝鮮へ連れ去られ、後に解放された米国の情報収集艦「プエブロ」の乗組員および家族が、北朝鮮を相手取って総額6億ドル(約658億円)規模の損害賠償請求訴訟を起こした。  米国CNNテレビは6日(現地時間)、「プエブロ号の生存者と家族104人が最近、北朝鮮に11カ月間抑留されている間に拷問などで受けた肉体的・精神的苦痛と解放後に支出した医療費の賠償を要求する訴訟を連邦裁判所に提起し

続き読む

アクセスランキングもっと見る