政府債務を減らしたドイツ、赤字膨らむ日本…岐路に立つ韓国

2020/09/03 17:00

韓国経済研究院報告書

 韓国の財政健全性に赤信号がともったとされる中、政府債務が減少を続けるドイツの事例とその反対である日本の事例のどちらに向かうのか、韓国は分かれ道に立ったと指摘されている。

 韓国経済研究院は2日に発表した報告書で、これまで緩やかな上昇を示していた政府債務の対国内総生産(GDP)比が急速に上昇する兆候を見せていると指摘した。韓国の政府債務比率は2007年が27.5%、10年が29.7%、18年が3..

続き読む