出国禁止の韓国GM社長「誰が韓国でCEOをやりたがるか」

2020/09/24 10:30

違法社内下請けの疑いで起訴され「韓国での事業を本当にやめることも」

 韓国GMのカハー・カゼム(Kaher Kazem)社長は最近、業界幹部と会った席上、最近の経営難について触れ、「今年(労組のストで)生産に再び支障が生じれば、韓国事業を本当にやめるしかない」と語ったという。

 2017年9月に赴任したカゼム社長は18年、群山工場閉鎖直前に労組との交渉をいとわず、労組に監禁までされる暴力事態を直接経験した。苦労の末に労使・政府による交渉を取りまとめ、韓国GMの法..

続き読む