中国で深刻な電力不足、経済成長率も低下

2021/10/11 10:29

ゴールドマン・サックスは中国の経済成長率見通しを8.2%から7.8%に下方修正
 中国における最近の深刻な電力不足の影響で、海外の投資機関などは中国の成長率見通しを相次いで下方修正している。米国の投資銀行ゴールドマン・サックスは先日、中国の今年の経済成長率見通しをこれまでの8.2%から7.8%に下方修正し、日本の野村証券も8.2%から7.7%に修正したと発表した。さらに世界的な格付け会社のピッチも中国の今年の経済成長率見通しを従来の8.5%から8.1%へとすでに下方修正してい..

続き読む