コロナ禍で習慣に変化 75%が「トイレ後に手洗い」=韓国調査

2021/10/14 13:50

【ソウル聯合ニュース】韓国の疾病管理庁が14日に発表した「2020年地域社会の感染症予防行動実態調査」の結果によると、不特定多数の人が使うトイレを利用した市民2000人のうち手を洗った人の割合は75.4%(1508人)で前年(63.6%)に比べ大きく増えた。関連調査が始まった2013年以降で最も高い。

 ただ、手を洗った人のうち、せっけんを使用した人(28.0%、560人)よりも水だけで洗った人..

続き読む