日本品種のイチゴが韓国市場から消えた…15年間で逆転

2022/01/04 12:13

▲2005年に忠南農業技術院イチゴ研究所が開発したイチゴ「雪香(ソルヒャン)」/韓国農村振興庁

 韓国農村振興庁は3日、韓国産のイチゴ品種の普及率が昨年9月時点で過去最高の96.3%を記録したことを明らかにした。国産イチゴの普及率は2005年の9.3%から2010年に61.1%に上昇。15年に90%を超えていた。

  過去に韓国市場を掌握していたのは日本産品種のレッドパール(韓国での呼称・陸宝=ユクポ)、章姫(あきひめ)などだった。15年ほど前には日本産品種が韓国のイチゴ市場の約..

続き読む