サムスンはアップルに2.9億ドル賠償=米で陪審評決

【サンノゼ聯合ニュース】米アップルが特許侵害でサムスン電子を訴えた裁判の再審理で、米カリフォルニア州連邦地裁の陪審が21日(現地時間)、サムスン電子にアップルへ2億9000万ドル(293億4000万円)の損害賠償金を支払うよう命じる評決を出した。

 昨年8月に同地裁の陪審は、サムスン電子に約10億5000万ドルの賠償を命じる評決を出した。しかし、算定方法にあいまいな点が見つかったため、裁判長のルーシー・コー判事は賠償額のうち6億4000万ドルだけを確定し、残りは再算定することにした。今月12日から再審理が行われていた。

 今回の陪審評決の賠償額は、アップルが提示した請求額3億7987万ドルを下回ったものの、サムスン電子が主張していた5270万ドルよりはるかに大きい。サムスン電子は確定分と合わせ1兆ウォン(約953億円)近くをアップルに支払うことになる。

 この陪審評決に基づき、地裁は来年初めごろ判決を出すとみられる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース