日本の情報要員が韓国でスパイ活動 5月に摘発・追放 

【ソウル聯合ニュース】韓国でスパイ活動を行っていた日本の情報要員が5月に摘発され、事実上追放されていたことが6日、分かった。

 国会情報委員会の関係者らによると、日本情報当局の情報要員が北朝鮮脱出住民(脱北者)や韓国政府関係者に接触して北朝鮮や軍事に関する情報を収集し、韓国の情報当局に摘発されたという。

 情報委は同日の全体会議で情報機関・国家情報院からこの件に関する報告を受け、対策を議論した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース