中国人 医療観光でも最大顧客に=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国を訪れる外国人数で首位を占める中国人が医療観光市場でも米国人を抜き、最大の顧客に浮上したことが16日、分かった。中国人患者数は美容整形外科を中心に増え続け、3年前に比べて約7倍増加した。

 韓国保健産業振興院がまとめた外国人患者統計によると、2012年は188カ国・地域から15万9464人の外国人患者が韓国を訪れ、2673億ウォン(約256億円)の診療費を支出した。患者数は前年比で30.4%増、診療費は47.8%増となった。

 国・地域別では中国人が69.1%増の3万2503人(全体の20.4%)となり、米国を上回り初めて首位となった。09年の中国人患者数は4724人で全体の7.8%にすぎなかったが3年間で年平均90.2%ずつ伸び、7倍近くに増えた。韓流ブームなどの追い風を受け、整形外科や皮膚科を受診する女性が多くなった。中国人患者の約7割は女性で、半数以上は20~30代。女性の36.5%は整形外科、15.2%は皮膚科を受診した。中国人患者は診療費として1人当たり169万ウォン、計550億ウォンを支払った。

 中国と米国に続き、日本人患者が1万9744人で3位を占めた。前年比で12.2%減少し、全体に占める割合も12.4%と6ポイント落ちた。

 ロシアは4位、モンゴルは5位だった。

 受診科別では内科が全体の22.2%を占めて最も多く、次いで検診センター(11.5%)、皮膚科(8.3%)、整形外科(7.7%)、産婦人科(5.3%)の順だった。主に日本人が訪れる韓方科は日本人客の減少の影響でやや落ち込んだ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース