フィリピン大統領 韓国製軽攻撃機12機購入を承認

【ハノイ聯合ニュース】フィリピンのアキノ大統領が韓国製軽攻撃機「FA50」の購入費支給案を最終承認したと、同国メディアが21日報じた。

 アキノ大統領は同機12機(4億2200万ドル相当、約433億円)の輸入代金支給案を最終的に承認し、代金支給契約のための準備が進められているという。

 これを受け、フィリピン国防省は契約金の15%を同機生産メーカーの韓国航空宇宙産業(KAI)に支給し、残額を分割で支払う。

 引き渡しは来年の半ばから始まるとみられる。 

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース