世界大学ランクでソウル大44位 東大23位=英誌調査

【ソウル聯合ニュース】英教育専門誌のタイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は17日、ソウル市内のプレスセンターで2013~2014年度の世界大学ランキングを発表し、ソウル大が韓国勢トップの44位にランクインした。

 韓国科学技術院(KAIST)が前回から12ランク上昇し56位、浦項工科大学(ポステック)は10ランクダウンし60位だった。延世大は七つ順位を下げ190位。そのほか400位以内に高麗大、成均館大、漢陽大が入った。

 トップは米カリフォルニア工科大。米ハーバード大と英オックスフォード大が共に2位、米スタンフォード大、米マサチューセッツ工科大(MIT)と続いた。アジアでは東京大の23位が最高。

 同誌のフィル・ベイティ編集長は「世界1000余りの大学から提出された資料と約6万人の専門家の意見をまとめた結果。知識経済を基盤とした社会において意味のある数値」と述べた。

 同誌は研究論文の引用頻度や教育環境、国際評価などを基に世界大学ランキングを毎年発表している。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース