安倍首相の「河野談話」見直し否定を評価=韓国与党代表

【ソウル聯合ニュース】韓国与党セヌリ党の黄祐呂(ファン・ウヨ)代表は19日の幹部会議で、安倍晋三首相が慰安婦問題をめぐる旧日本軍の関与を認めた河野談話を見直さない考えを示し、「韓国は最も重要な隣国」と発言したことについて、「まずは肯定的に受け止める」と評価した。その上で、「今は談話を検証する時ではなく、さらに確実な継承と発展の意志を国際社会に言明する時」と呼び掛けた。

 黄氏は「誠意ある具体的な行動につながることを期待する」と強調。韓日・日韓議員連盟の所属議員らに対し、「活発な接触を行うことで1歩前に進み、被害者が納得できる措置などを議論しなければならない」と訴えた。黄氏は韓日議連の会長を務めている。 

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース