韓国人教授 SNSで日本代表ユニフォーム批判展開

【ソウル聯合ニュース】韓国広報の専門家として知られる韓国・誠信女子大の徐ギョン徳(ソ・ギョンドク)教授がサッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会の開幕に合わせて、日本代表のユニフォームを批判する広告キャンペーンをソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で始めた。

 これまで日本の旭日旗の撤廃を呼び掛けてきた徐教授は、日本代表のユニフォームに「戦犯旗(旭日旗)模様が使われた」として、先月末に米紙ニューヨークタイムズにユニフォームのデザインを批判する広告を掲載。今月2日には国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長や本戦に出場する32カ国のサッカー協会長、ユニフォームをデザインしたアディダスジャパンにユニフォームから旭日旗模様を削除するよう求める郵便物も発送した。

 SNSの広告は、旭日旗を背景に日本代表のユニフォームが写っており、旗の模様が使われたことをうかがわせる内容となっている。広告の上側には「SAME」のMをナチス・ドイツの「かぎ十字」に替えて書かれている。

 また、広告文は「2012年ロンドン五輪の体操日本代表のユニフォームにも戦犯旗模様が使われた。今回のW杯ブラジル大会の日本代表ユニフォームにも使われる予定だが、FIFAは黙っているつもりなのか?」という内容が書かれている。その下には旭日旗に関する動画サイトのアドレス(www.ForTheNextGeneration.com)も掲載されている。

 広告は交流サイト「フェイスブック」や短文投稿サイト「ツイッター」に掲載する。徐教授は「W杯が閉幕するまでキャンペーンを行う予定だ」と説明した上で、外国人フォロワーが多い留学生や在外同胞の積極的な参加を呼び掛けた。

 また、ツイッターを通じて、クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル)、ネイマール(ブラジル)、ウェイン・ルーニー(イングランド)、アンドレス・イニエスタ(スペイン)にも広告を送った。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース