韓国の対EU貿易赤字 2年連続=FTA発効3年目

【ソウル聯合ニュース】韓国の対欧州連合(EU)貿易収支は自由貿易協定(FTA)発効から3年目に、前年に続き2年連続で赤字を記録した。赤字幅も拡大した。

 韓国産業通商資源部は29日、韓国・EU間のFTA発効から3年目となる2013年7月~14年5月の韓国のEU向け輸出額は473億ドル(約4兆7967億円)で前年同期比7.8%増加したと発表した。EUからの輸入額は547億ドルで同12.5%増加し、貿易収支は74億ドルの赤字となった。貿易収支はFTA発効1年目に18億ドルの黒字を計上したが、2年目には46億ドルの赤字に転じた。

 同部はEU向け輸出低迷の理由として欧州債務危機による景気低迷と消費者心理の萎縮のほかウォン高・ユーロ安の進行を挙げた。

 ただ、同部関係者は、同期間に日本の対EU輸出は同8.0%、中国は同0.2%それぞれ減少しており、相対的に韓国は善戦したと評価した。

 品目別ではFTAにより関税が撤廃または引き下げられた合成樹脂(19.3%)、プラスチック製品(7.7%)、照明機器(6.1%)の輸出が3年連続増加した。発効2年目に減少した自動車(7.3%)、自動車部品(16.9%)、ゴム製品(19.7%)も増加に転じた。現行の関税が維持された品目のうち船舶、液晶ディスプレーの輸出は減少したが、無線通信機器、石油製品、半導体などは増加した。

 輸入が増加した品目は自動車、原動機、ポンプ、半導体製造装置、航空機および部品など。このうち半導体製造装置の輸入は136.1%の増加となった。

 一方、EUで生産された農水産物の輸入は大きく増加し、前年同期比18.8%増の35億ドルを記録した。豚肉、小麦、ワイン、ビール、チョコレートなどがけん引した。FTAが発効する前の年と比べると32.1%の増加となった。半面、韓国からEUに輸出された農水産物は2.5%増の4億ドルにとどまった。ノリ、ワカメ、イカ、タコ、果物などの輸出が増加した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース