ローマ法王のミサに慰安婦被害者ら招待へ=韓国 

【ソウル聯合ニュース】韓国天主教(カトリック)法王訪韓準備委員会は30日に記者会見を開き、ローマ法王フランシスコが8月18日にソウルの明洞聖堂で行うミサに旧日本軍の慰安婦被害者らを招待したと発表した。法王は8月14~18日、国賓として来韓する。

 委員会は「法王の訪韓が決まった直後に招待した。法王には事前に知らせる」と伝えた。被害者の中にはカトリック信者が多くいるという。

 法王はミサで慰安婦被害者らに対するメッセージを発信すると予想される。ただ、法王と慰安婦被害者らの面会は決まっていない。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース