めぐみさん 94年に北の精神病院で死亡=脱北者証言

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮による日本人拉致被害者の横田めぐみさんは1994年に平壌市内の精神病院で死亡したと、北朝鮮脱出住民(脱北者)が証言したことが7日、分かった。

 韓国の拉致被害者家族の団体、拉北者家族会の崔成龍(チェ・ソンヨン)代表は同日、 「めぐみさんの入院先の精神病院に勤務していた脱北者2人の証言から、めぐみさんの死亡を確認した」と明らかにした。

 崔氏は日本政府の拉致問題対策本部側の担当者と共に、9月に第三国でこれら脱北者らから聞き取り調査を行った。脱北者は「めぐみさんは平壌市の49号病院(精神病院)で薬物治療などを受けた」「94年4月に病院で死亡し、遺体は近くの山に埋められた」と話したという。 

 崔氏は、証言者を守るため、身元や所在地は明らかにできないとした。

 めぐみさんは13歳だった1977年11月、新潟県で北朝鮮に拉致された。北朝鮮は、めぐみさんが結婚し娘を産んだ後、うつ病になり、1994年4月に自殺したと発表した。2004年にめぐみさんのものとする遺骨を日本側に渡したが、日本側はDNA鑑定の結果、別人の遺骨との結論を出した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース