韓国政府 仏像窃盗容疑者に領事支援の方針

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は25日の定例会見で、韓国人4人が長崎県対馬市の寺から仏像を盗んだ疑いで逮捕されたことについて、駐福岡総領事館の領事が現地で事実関係を確認しており、4人に必要な領事支援を提供すると明らかにした。逮捕について、日本側から同日通知を受けたという。

 日本の警察によると、長崎県警対馬南署は24日、対馬市美津島町の梅林寺から仏像を盗んだとして、40代から70代の韓国人の男4人を窃盗の疑いで逮捕した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース