サムスン アップル勝訴の判決破棄を要求=米控訴審

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子は4日(米西部時間)、米国の裁判所で開かれた米アップルとの特許訴訟の控訴審初公判で、サムスンに対し9億3000万ドル(約1114億円)の賠償金支払いを命じる一審の決定を破棄するよう求めた。

 今年5月、カリフォルニア州北部の連邦地裁は、サムスンの製品23品目がアップルの知的財産権を侵害したとして、サムスンに賠償金を支払うよう命じた。

 この日の控訴審でサムスン側の弁護人は、サムスンのスマートフォンはアップルのロゴを付けておらずアップルの「iPhone(アイフォーン)」と同じようなホームボタンもない上、スピーカーの位置も違う点を挙げ一審の決定は誤っていると主張した。

 控訴審でサムスンが自社に有利な方向に判決を覆すことができれば、今回の訴訟はライバルを陥れようとするアップルの強引な措置だとするサムスンの主張を認めることになる可能性がある。

 反対に控訴審でも一審の決定が支持されれば、サムスンがアップルの製品を模倣してスマートフォン市場でシェアを伸ばしていることが立証されることになり、アップルがさらに攻勢を強めてくると予想される。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース