韓国政府 仏紙銃撃テロを強く非難

【ソウル聯合ニュース】フランスの風刺専門週刊紙シャルリエブドのパリ本社で銃撃テロが発生したことを受け、韓国政府は8日、外交部報道官声明を発表し、「衝撃を禁じえない」と強く非難した。

 政府は「テロはいかなる場合でも正当化できない反人倫的犯罪行為で、テロ根絶に向けたフランス政府の努力を支持する」と強調。「今回のテロで犠牲になった方々のご冥福を祈り、犠牲者の遺族とフランス国民に深い哀悼の意を表する」とした。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース