韓国「慰安婦の傷癒やす努力も」 安倍氏ホロコースト記念館視察に

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の魯光鎰(ノ・グァンイル)報道官は20日の定例会見で、安倍晋三首相がイスラエルのホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)記念館を訪れたことについて、意味のあることだと思うと評価した上で、「安倍首相のこうした言動が国際社会に受け入れられるためには、旧日本軍の慰安婦被害者など歴史に起因した現存する被害者たちの苦痛と傷を癒やす努力もしなければならない」と強調した。

 また、慰安婦被害者でオランダ出身のオーストラリア人女性が2007年、米下院の聴聞会で「慰安婦は第2次世界大戦中に行われた最悪の人権侵害で、忘れられたホロコースト」と証言したことを取り上げた。

 安倍首相は19日、エルサレムのホロコースト記念館を視察して献花したが、日本の侵略戦争によりアジアの周辺国が被った被害については言及しなかった。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース