1月の造船受注量 韓国が2位=日本は7年ぶり1位

【ソウル聯合ニュース】1月の船舶受注量で、日本が韓国と中国を抜き、1位になった。海運・造船市況分析機関の英クラークソンが6日までに明らかにした。

 クラークソンによると、1月の世界の船舶発注量は215万7000CGT(標準貨物船換算トン数)で前年同月比213%減少し、前月比では84%減少した。 

 造船市場の規模が縮小するなか、韓国は全体の30.9%となる66万7000CGTを受注した。前年同月比173%減少し、前月比でも214%減ったが、2位を守った。 

 中国の受注量は前年同月比678%減、前月比107%減少となる37万9000CGTで、シェア17.6%となり3位に落ちた。

 一方、日本の受注量は前月比77%増加の99万1000CGTで、シェア45.9%となり、1位となった。日本が月間ベースの受注量で1位になったのは、2008年3月以来6年10カ月ぶり。円安で価格競争力が高まったためとみられる。

 韓国の造船業界関係者は、中国の物量攻勢に苦戦してきた韓国造船業が日本造船業の復活により板ばさみになっていると指摘。「特に日本は中国よりも高い技術力を持っており、韓国にとって、さらに脅威」とコメントした。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース