ソウル都心で朴大統領の批判ビラまかれる 警察が捜査へ

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領の就任から丸2年となる25日、ソウル都心で朴大統領を批判するビラがまかれ、警察が捜査に乗り出した。

 警察によると、同日午後0時ごろ、朝鮮王朝の王宮、景福宮内から外部に向け朴大統領を批判するビラ約100枚がまかれた。同1時20分ごろには新村にある15階建てビルの屋上からビラが散布されているとの通報があった。

 ビラにはいずれも朴大統領と情報機関・国家情報院(国情院)の元院長、元世勲(ウォン・セフン)氏の写真が掲載され、国情院の大統領選介入などを批判する内容が書かれていた。大きさはA4用紙の半分ほどで、「民主主義を念願する市民」という団体名が入っていた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース