韓国政府当局者 安倍首相演説に遺憾表明

【ソウル聯合ニュース】韓国政府当局者は30日、安倍晋三首相が米議会の上下両院合同会議で行った演説について「遺憾だ」と述べた。

 同当局者は聯合ニュースの取材に対し、「日本は周辺国をはじめ国際社会の要求に応えるべきだ」との認識を示した。韓国政府は安倍首相の演説について、歴史認識の表明が韓国だけでなく国際社会の期待に及ばなかった上、日本の植民地支配と侵略、旧日本軍の慰安婦問題などについての言及がなかったとして、内容の不十分さを指摘しているという。

 韓国外交部は同日中に報道官名の声明を発表し、公式な立場を表明する予定だ。

 韓国政府は安倍首相の演説内容に対する期待が水の泡となったが、6月の韓日国交正常化50周年や8月の安倍首相の戦後70年談話発表を控え、日本が過去の歴史問題に対し正しい認識を明確に表明するよう引き続き促す方針だ。

 一方で、北朝鮮核問題をめぐる安全保障や経済などの分野での協力は維持する方針とされる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース