北朝鮮が15日から「平壌時間」 標準時30分遅らせる

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮が最高人民会議(国会に相当)常任委員会の政令に基づき、光復(日本による植民地支配からの解放)70周年を迎える15日から標準時を30分遅らせる。

 朝鮮中央通信は7日、「東経127度30分を基準とする時間(現在の時間より30分遅い)を朝鮮民主主義人民共和国の標準時間に定め、平壌時間と命名する」と報じた。

 同通信は標準時間を変更する理由について、「日本の帝国主義者らは三千里疆土(朝鮮半島)を無残に踏みにじり朝鮮民族抹殺政策に没頭し、朝鮮の標準時間まで奪うという許せない犯罪行為を行った」と言及。8月15日はこうした民族の受難の歴史に終止符が打たれた日だと説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース