自衛隊の朝鮮半島出動 米要請でも拒否可能=韓国長官

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の韓民求(ハン・ミング)長官は21日、日本の自衛隊が朝鮮半島に出動する可能性について、米軍の要請があっても拒否できるとの見解を示した。

 同部で開かれた国会法制司法委員会による国政監査の質疑応答で、北朝鮮が戦争を起こした場合、韓国軍の有事作戦統制権を保持する米軍が自衛隊出動を要請しても拒否できるかという野党議員からの質問に答えた。

 韓長官は、有事作戦統制権は韓米両国の大統領の統帥指針に基づき遂行するため、自衛隊の朝鮮半島出動は「わが国の大統領が許可しなければできない」と述べた。

 集団的自衛権の行使が可能になる日本の安全保障関連法が朝鮮半島に影響を与える事柄については「(行使には)わが政府の要請と同意が必要だ」との立場を強調した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース