改造漁船で窃盗団を日本に 密航組織摘発=韓国警察

【釜山聯合ニュース】韓国の窃盗団を改造した小型漁船で日本に密航させていた組織が摘発された。釜山警察庁の国際犯罪捜査隊は30日、韓国と日本を往復し、密航者を乗せて運んだ容疑(密航取締法違反など)で韓国人3人を逮捕した。またブローカーと密航未遂者を立件し、密航した8人を指名手配した。

 同組織の3人は3月30日、密航希望者8人から1人当り1500万ウォン(約160万円)から2000万ウォンを受け取り、慶尚南道・統営を出て日本の佐賀県に密入国させた疑いが持たれている。

 密航者らは約10年前、日本に不法滞在中に行った窃盗で国外退去処分を受け、その後、日本に再び密入国した。8人のうち7人は日本で逮捕され裁判中で、1人は逃亡し韓国に潜伏している。

 調査の結果、同組織は警備艇の追跡から逃れるため、5トンの漁船にエンジン2機を追加で搭載していたことが明らかになった。改造されたエンジン3機の漁船は最高50ノット(時速92キロ)まで出すことができるという。速度が30ノット程度の韓国や日本の警備艇では取り締まるのは難しいという。

 釜山警察庁国際犯罪捜査隊の隊長は同組織の改造漁船について、取り締まる艦艇をレーダーで確認しても速度差のために追跡できないと説明した。

 警察は指紋採取などの導入により、パスポートを偽造する手法の密入国が減った反面、船を利用した密入国が増えるとみて、海洋警備安全本部などと共同で密航の取り締まりを強化する計画だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース